家

予算内に収めて理想をカタチ造る|注文住宅の土地選びは境界線に注意

境界線の問題

部屋

ふじみ野市で家を建てる環境の良さや土地の状態、日当たりだけに着目はしないで、境界杭・境界の位置や道路との幅と持分などにも注目をして土地を選ぶようにしましょう。ふじみ野市の不動産で、1つの大きな土地を大体2~3程の区画に分けて販売されている場合や大きな土地を造成され新しく分譲されたような場合、殆どは境界杭が入っているのです。コンクリート杭や金属表などで境界がきちんと表示されていれば、今後のトラブルは少ないでしょう。逆に、1区画の土地だけで販売されているようであれば、境界杭である確率は殆どありませんので、注意しながら確認を行ないましょう。例え1区画の土地だけが販売されていたとしても、どこまでが隣地になるのかを契約を行なう前にしっかり確認をしておくとより良いです。

気に入ったふじみ野市の土地の前にある道路幅を測って、大体4mにも満たないようであれば、道路から敷地を後退させる必要があります。建築するとなった場合に、後退した部分の面積は建築対象となる範囲としてみなされなくなってしまいます。その為、土地の前にある道路も自分の所有する土地であるのかを確認しておかなければなりません。もし、所有地として認められていないのであれば、所有者から承諾書を受け取る必要がある場合がありますので、そうなった時は不動産会社に相談をしましょう。
ふじみ野市で土地を選ぶ時には、こういった細かい部分も考慮しなければなりません。また、これら以外にもふじみ野市の土地によって問題点が潜んでいる可能性がありますので、少しでも疑問に感じた事があれば、不動産会社への確認を怠らないようにするのが、トラブルに巻き込まれないポイントにもなります。

Copyright© 2016 予算内に収めて理想をカタチ造る|注文住宅の土地選びは境界線に注意 All Rights Reserved.