家

予算内に収めて理想をカタチ造る|注文住宅の土地選びは境界線に注意

コストを重視

女の人

ハウスメーカーを一言でいえば「規格住宅・工業化住宅を販売、施工する会社」です。分譲住宅の家作りの設計から施工まで全てを対応してくれるのが特徴です。個別に発生する設計や施工方法を全て統一して、品質と生産効率を高める目的を持っています。こういった、設計と施工をまとめて請負する業者を「設計施工」「設計施工一貫方式」と言うのです。岡崎にもあるハウスメーカーによって建てられた住まいは、工法や部材、サイズなどの基本使用を予め行政から一括で取得しており、規定された範囲無いで設計や施工を行なっています。岡崎のハウスメーカーに依頼を行なうと、分譲住宅の家作りにのです。かかるコストを抑える事を重視していますので、とても安い費用で取り組めるのがメリットです。その一方で、規格を外れるような工事を行なってしまうと、逆に費用がかさばってしまう可能性があります。

分譲住宅は、規格住宅という前提で家作りを行なっていますので、設計の自由度に関しては、他の業者よりも低くなっています。オプションや色の選択肢などを広げられますが、こういった要望は規格外の対象になりますので、コストに影響が出てきます。これらの事から、規格住宅である限り自分達の要望が数多くある人よりも、要望の少ない人には合っているでしょう。しかし、岡崎にあるハウスメーカーの良いところは「欠陥住宅になりにくい」「手抜き工事を防ぎやすい」という大きなメリットがありますので、品質には信頼があります。
また、岡崎にあるハウスメーカーは、分譲住宅の規格化・工業化の比較が非常に高く、現場での施工密度のバラつきはとても少ないです。欠陥住宅や手抜き工事をする様な業務体制はまったく行なっていないので、それ程仕事に自信と誇りをもって取り組まれているのです。


Copyright© 2016 予算内に収めて理想をカタチ造る|注文住宅の土地選びは境界線に注意 All Rights Reserved.